JPCは6階建て!

 

東京都西浅草の国際通りにあるJPCは、なんと6階建て。

 

1フロアは一般的なコンビニよりも小さいのですが、フロアには楽器が所狭しと並べられています。

 

棚に綺麗に陳列されているのはもちろんのこと、壁にはズラリと楽器が並び、フロアによっては天井からも楽器が吊るされていて圧巻の迫力。

 

JPC建物内にはスタジオもあるので、実際に楽器を取り扱っているフロアは2階、3階、5階、6階の4つです。

 

スポンサーリンク

 

JPCはプロスタッフがいるから安心!

 

楽器専門店で打楽器の相談をしてみたけれど、当たり障りのない回答しか返ってこなかったという経験ありませんか?

 

それは、そのスタッフが打楽器のプロではないから。

 

管楽器、弦楽器、打楽器と幅広い楽器を取り扱う楽器専門店のほとんどは、店員が1〜2人。

 

しかも、楽器のイロハをまったく知らないスタッフが働いていることも多いのです。

 

JPCには、各フロアに打楽器のプロがいます。プロがいるので、楽器選びやマレット選び、楽器のメンテナンスから、日々の練習方法まで質問できます。

 

そのため、JPCに訪れるのは趣味でパーカッションをしている人や中高生だけではありません。

 

プロ、オーケストラ奏者、そして海外のミュージシャンも数多く訪れています。

 

JPCオリジナルグッズは絶対チェック!

 

また、JPCに訪れたらチェックしたいのが「JPCでしか手に入らないオリジナル商品」の数々。

 

打楽器のプロスタッフがいるJPCだからこその、痒いところに手が届く便利グッズが手に入ります。

 

例えばジャンベのスタンド。座って演奏しても、立って演奏しても微妙な高さになることの多いジャンベ。このままだと他の楽器と高さが合わなくて演奏しにくいですよね。

 

JPCのオリジナルスタンドがあれば、ジャンベの高さを自由に変えられるので、劇的に演奏しやすくなります。

 

そして、一押しがオリジナル楽譜。打楽器アンサンブルを気軽にみんなに楽しんでもらいたいという、JPCの気持ちが詰まった打楽器用アンサンブルのオリジナル楽譜です。

 

既存の楽譜だと難しすぎる、型にはまりすぎていて面白くない…と感じているパーカッション奏者にオススメです。

 

難易度低めなので、初心者が最初に演奏するアンサンブルにピッタリです。

 

スポンサーリンク

 

各フロアがどんな所か気になる!

 

2階のドラム専門フロアに並んでいる楽器は、実際にスタッフが厳選した楽器。

 

これからドラムを始めようと思っている人、自分のドラムが欲しい人は、フロア全体に並べられたドラムセットと壁を埋め尽くすスネアやシンバルに興奮すること間違いなし!

 

ただ、ドラムだけを見たいというのなら、「池部楽器店リボレ秋葉原」がオススメ。ドラムに関しては、リボレ秋葉原が都内で一番の品ぞろえの多さです。

 

そして、珍しい民族楽器が揃うのが3階のエスニックシティ。

 

フロアに入るとコンガ、ボンゴ、ジャンベの山が目に飛び込んできます。

 

民族楽器でここまでの品ぞろえがあるお店、都内にはありませんよ。

 

民族楽器を買うなら必見です。民族楽器に興味がない人でも、今まで見たことのない楽器や、貴重な楽器に出会えるので楽しめますよ。

 

5階、6階はパーカッションの定番打楽器、小物楽器、譜面やCDが並んだフロア。

 

吹奏楽コンクール課題曲にピッタリの楽器特集が組まれることもあるので、吹奏楽部必見のフロアです。

 

このフロア最大の魅力は、マレットの多さ!

 

キーボードマレットはなんと300種類以上、ティンパニマレットは160種類以上です。

 

すべて試奏OKなので、鍵盤打楽器演奏者はついつい長居しちゃうそう。

 

1フロアは狭いですが、フロアの充実度、専門性の高さはかなりのもの。

 

打楽器奏者の楽園とも言われているJPC、一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加